[Kpop]リップロールが苦手なアナタに伝えたいコツ3つ

[Kpop]リップロールが苦手なアナタに伝えたいコツ3つ

 

 

| 意外と難しいリップロール

レッスンの最初に習うリップロール、できてみたら簡単だけれど出来ない人はずっと苦手意識がつきまとう練習だと思います。今回は、目からうろこのリップロールのコツをご紹介します!

 

| そもそも何のためにするのか

無理のある発声をしている人に多いのが、”無駄な力み”。それを解消してくれるのがリップロールです。発声時に力の入りやすい唇の脱力と唇から顔、首周辺の筋肉のマッサージ効果により理想的な発声に近づくといわれています。矯正器具や先天的な口腔障害などを除いて、ほとんどが呼吸と発声のバランスが悪い場合が多いので、根気良くコツを掴んでみてくださいね。

 

| リップロールができない原因

リップロールが苦手な人に多いのが”息を吐かない”こと。息を吐かずに声を出すっておかしいじゃん!と思いがちですが、このタイプの方は息ではなく力で押し切ろうとしているはず。わたしたちは息(呼吸)の流れをを使って声帯を震わせ、声を出しているのですが、これを意識しながらしている人はあまり多くありません。この発想の転換がリップロールをうまくするコツです。

 

| コツその①

ほっぺの真ん中をかるく人差し指で凹ませてみましょう。一点に息が集まりやすくなります。慣れたら指を離しても出来るように。

 

 

| コツその②

音の高さによって息の流れを変えたくなる気持ちはよくわかりますが、音の変化と息の流れは別問題。音に惑わされず、いつでも同じ場所にいる事を気にしておけば苦手な高音もすんなり出ちゃったりするものです。

 

 

| コツその③

リップロールが苦手な人は口の中だけでこれを解決しようとしがち。呼吸は肺から器官を通って吐き出されます。普段、無意識にしている呼吸と同じはずなのに意識すると出来ないものです。お腹に無駄な力を入れたりせず、普段の呼吸を意識すると習得が早いかもしれません。

 

 

 

 

Callbackでは、歌を真剣に学びたいその熱意を 実力に変えるレッスンを行っています。

他のスクールに通っているけど、他の先生の意見も聞きたい・・・という方もOK!

なんでも相談にいらしてくださいね!

ファーストレッスンのお申込みはこちらから

 


この記事を読んでいる人がよく読んでいる記事

そんな言い訳は通用しない。BoA先輩から学ぶ!自分の高め方。

[Kpop] ガールクラッシュ!ヨジャドルがカバーするナムドル曲まとめ

Kpopコラム一覧はこちら