いよいよ本選!最初のミッションは! DoubleCasting 第3回放送①

いよいよ本選!最初のミッションは! DoubleCasting 第3回放送①

 

 

| DoubleCasting 前回の内容はこちら

これまでの内容は、こちらの記事をご覧ください。(画像クリック)

Doublecasting記事一覧はこちら

 

| いよいよ本選!新情報ぞくぞく!

| 優勝者に与えられる主役は

総賞金1億ウォンをかけたダブルキャスティング

優秀者には大劇場ミュージカル 主人公をキャスティング!

 

その作品とは

今年20年を迎える”ウェルテル” ウェルテル役!

 

ウェルテル:

ゲーテの小説[若いウェルテルの悩み]を原作に韓国創作ミュージカルとして20年を迎える作品。ミュージカル界のトップスターの産み場であり、ウェルテル役は男性俳優ならだれでも一度は夢見る役といえる。

 

参考記事:

『ウェルテル』15周年記念公演にチョ・スンウ、オム・ギジュン、キュヒョン出演!

 

 

| 本選 最初のミッションは

44名→22名がキャスティングされる第1ラウンド

 

1:1デュエット対決!

 

ルール:
他の参加者の予選をみて、デュエットしたいパートナーを選び、最高のステージをつくる。
テーマは映画音楽
 
▷審査員はステージが期待以下の場合は×を押す。×が3つ以上の場合、全員脱落
▷×が2つ以下の場合、審査を通じて1名だけが次のラウンドに進出できる

 

 

| 各メンターの評価基準は?

オム・ギジュン:ソロなら自分ひとり頑張ればいいですが
イ・ジナ:デュエット曲ではお互いの息を合わせなければならない
マイケル・リー:誰が相手役をもっと助けられるかが重要です
ハン・ジサン:とはいっても、バトルなのでね。誰かをおどろかせるくらいの、さらには自分を驚かせるくらいのそんなずうずうしさ、そういう”はっちゃけ”を私は永遠に持ってきます。
チャ・ジヨン:私は最初から最後までひとつです、”本物さ”
イ・ジナ:強い人を選ばないとですね。

 

 

 

 

| くるみと葡萄チーム

キム・ダウン(김다운)3年目(26) 代表作:ジャックザリッパー

チェ・ユンホ(최윤호)2年目(26) 代表作:グリース

 

チェ・ユンホ:予選の(Mooningを歌ったダウンさんが)本気で記憶に残っていました。私がやりたかった事だったんです。ステージを楽しんでいて、それ自体がすごくかっこよかったんです。デスマッチだと思わず、一緒にデュエットをやりたいです。

 

キム・ダウン:ユンホが記憶に残っていました。(首にカイロをつけたままオーディションに出て)ほどきながら歌っていて、新鮮だ、さらに歌もうまくて。

 

| 歌唱曲

ヘアスプレーより 運命だよ(운명이야) -It takes two

 

| メンター評価:

[× ゼロ]

マイケル・リー:チェ・ユンホ

正直よくなかった。ひとりが前にいるとき、他の俳優は後ろにいなくちゃ。後ろにいるならフォーカスされたらダメでしょう。前にいる人を妨害してはいけない。ソロ部分が集中できなかった。相手のために生かすように。

チャ・ジヨン:キム・ダウン

ダンスがすごくけばけばしくて、歌に…集中できなかったです、正直。

オム・ギジュン:キム・ダウン

楽しかったです。しばらくぶりに楽しいステージでした。

ハン・ジサン:チェ・ユンホ

このような姿はミュージカル俳優に必要な一部分だとあえてそう考えます。

イ・ジナ:チェ・ユンホ

マイケル、これってブロードウェイの曲でしょう?どうして歌がトロット(演歌)のようなんだろう?わざと意図したんですか?

-冒頭はちょっと意識しました。

 

[チェ・ユンホ 2ndラウンド進出]

 

 

| 予選で酷評だった2人はいかに?!